smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
profile
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 花も寒いはずだけど | main | ぬいぐるみもそろそろ >>

「弧狼の血」柚月裕子

 

ロードショー前に読み終えました!

この本好きです!

 

最後の章あたりで

グッと泣けるとはほんと思わず(我ながらビックリ!)

ぐいぐいと

疑問?がひもとかれて行く筋道というのか

人間関係の複雑さを

こんなにも最後には・・・の展開に

このタイトルが

そうなのか、と。

 

広島弁というコトバの強さ

昭和のヤクザ社会と警察とその関係性

そしてその地域性(瀬戸内海)

絶妙に絡み合う人物のその背景もすごい

というか

最後の最後

腑に落ちるという展開は

この”血”という文字にいろいろ意味もあるのか?とも。

 

「狐狼の血」の続編もすでにあるとか。

ここに登場する一癖も二癖のある人物での

スピンオフもいいかもと

やっぱりこういったミステリーとかサスペンスの本のほうが

私にはむいている、とやっぱり思うさすがの1冊

かなり気持ち鷲掴みされた本です!

 

ほんと、偶然に

柚月先生のエッセイにイラストを添えさせていただく機会があり

そのやわらかいというのか

その掲載誌(某会社の情報誌)は季刊ということで

季節やその土地への想いのエッセイに

ほっとして読ませていただいたのですが。

こちらのほうが元々の柚月ワールドなのでしょうね〜

その差にすごさも感じました!

しばらくは柚月先生の本手当たり次第読むかなあ。

 

映画、仙台市内で明日からのはず

行かねば!

で、たぶんすでに続編も期待したい、マジ。

松坂桃李さんが、どんな感じの日岡なのか気になりまくる!

ほかの配役は個人的に納得なので、すみません。

 

 

さ、次の本は〜と

ほぼ姉のお下がりの積ん読状態から・・・ですが

どうもお風呂で読むから?

湯船に落としてるでしょ?が見れわかで

もう1ページ目から紙がボワボワなんだよね〜

なんだかな・・・とちょっと。

本屋さん行こ、きょう。

 

 

 

at 09:46, sayo, book

comments(2), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 09:46, スポンサードリンク, -

-, -

comment
sayo, 2018/05/12 9:17 AM

ほんとそうですね〜納得です。
小さなご縁からなのですが、もう男前な文章に感動しております。(昨日は2冊ほど文庫本を購入)
朝井まかてさんに続き、気になる作家さんの上位でです!

ま, 2018/05/11 8:01 PM

ああ、柚月おばさんになりましたね。
私の方も、ブログで裕子ちゃん取り上げました。
これからは柚月裕子ちゃんの時代かな、と。










trackback
url:http://sayotaro.jugem.jp/trackback/4739