smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
profile
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

東急百貨店 東日本大震災復興チャリティーブックマーク&カードセット

来週から販売開始のグッズにつきましてご紹介をさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------



私佐々木洋子と同じくTICのイラストレーターナコさんのイラストが
東急百貨店様の東日本大震災復興チャリティー
ブックマーク&ポストカードセットになりました。

2月13日(木)から東急百貨店各店にて販売になります。

本品の収益は、震災で津波が到達した市内約170kmに渡り
桜を植え、後世に被害を伝えるプロジェクト
「桜ライン311」の活動のい役立てられます。

桜ライン311 http://www.sakura-line311.org

ブックマーク&ポストカードセット 販売店舗
渋谷・本店/渋谷駅/東横店/
渋谷ヒカリエ ShinQs(シンクス)/吉祥寺店/たまプラーザ店/
町田東急ツインズ イースト1階 レ・シ・ピ町田/
日吉東急アベニュー本館1階食品売り場/
二子玉川 東急フードショー/レ・シ・ピ青葉台

-------------------------------------------------------------------------

関東方面のみなさま、どうぞよろしくお願い申し上げます。

at 09:02, sayo, works

comments(0), trackbacks(0)

アナログって、強い?


あちゃ〜画面にゴミ袋も写っていました〜。
と、昨日の搬入展示終えてパチり!の
佐々木作品とエンピツくんです。

このエンピツくんも
2000%拡大ということで
作ってみました。
ほんと、手で作る作業は
な〜んの違和感もなくサクサクと
考える前に?手が動く〜ってところでしょうか。

結局、鉛筆1本使い切ることはできなかったものの
久しぶりに(?)
まじめにお気に入りを描きまくったので
使いきれなかった残念半分
描きまくれた達成感半分と
それはそれで納得。

反則技?としては
英字新聞なので、そのレイアウト自体なんだかおしゃれ(笑)
そのデザインされた紙面上に描き加えて
面白くだったり
紙面と同化もちょっと狙ってみたり
描きにくい紙質ながら楽しんだのでした。

参加メンバーのみなさんの作品も
普段とはまた違って冒険していてすごい!面白い!
普段、デジタルの作品をみているからなのか
アナログの、なんと幅の広いこと・・・。

私の場合は
もうネタは普通のものなのですけれど
鉛筆なのに〜そうくるか〜とか
そんな方法にも描けるのね〜とか
デジタルに頼らない強さもた〜くさん発見です。
なんだか、新鮮に面白いなあと
参加していて思っています、まじ。

そして、会場で流す映像も必見!
アニメーションも一部で(?)大人気ですが
制作風景などのシーンを構成しての鉛筆ワールドは
今回初の試み
ぜひぜひ、座ってじんわり笑って見てほしいです。

電力ビルの1階、アクアホールで土曜日まで開催です。
バスの待ち時間とかお買い物の途中にでも
楽しんでいただけたらいいなあと思います。

さっ次の制作にかかんないと!(笑)


at 08:33, sayo, works

comments(0), trackbacks(0)

秋色の葉を描く


おかげさまで
水彩の担当も9クール目です!
と、自分でもちょっと驚くのですけれど。
ほんとうにありがとございます。

こればっかりは自己流なのと
説明下手(あ〜ずっと言い続けていますが)なので
毎初回は緊張しまくるというか
どこから・・・なわけで。

先日、ちょこっと取材の際にも声を大きくと指摘されたのですが
声が小さいらしい私は
おまけに早口なので
描きながらの、へたっぴいーな説明が聞こえづらいとのこと・・・。
すみません!

今回は、約半分の方がはじめてのかた(ありがとうございます)
一気に描いちゃいましょう的時間はたいへんだったかもしれません。
でも、用紙の厚さや筆の形
色の種類のカンタンな(って、いけないのでしょうが)説明ながら
ちょっととまどいつつも
みなさん紙に向われていて
すぐに描いてみましょうの気持ちが
少しは伝わったかなあと。
”描くことに慣れる”的作業をしつつ
材料(この場合、紙の種類と筆と絵の具)に慣れると
ちょっと面白いと思うのですが、いかがでしょう。

継続のみなさまには
あまりお話などしながらの描き方を説明できなかったので
ほんとうにすみません!
そしてこのゆる〜い時間にまたお越しいただき感謝です。

予習して行かなかった分
復習してみました。
途中経過は写真なので色の具合はちょっと?ですが・・・


1.下書きスケッチはあまり(ほとんど)せずが私の場合です。
水彩〜と言うだけ合って?すごく薄いかもがベースになります。


2.おおざっぱに見ているようで(資料写真を)
その奥行きとか厚み/薄さ
重なり具合、丸みとかを
ちょっと気にすると全体が見えてきます(と、思うのですが〜)。


3.私の場合
どんなモチーフでも
描き込みたいところのみ描く水彩(ってアリ?)
難しいところはちょっとパスもアリです(笑)。
同系色だったりする秋色のモチーフなので
影部分など馴染ませちゃうのもひとつ。

描きながら、どこで終わり?と聞かれることもあります。
1とか2の感じで気に入ったらそこでもOKだし
もう少し描き込む?なども自由でもあるので
3だから完成かって言えばそうだし
もっともっと・・・もあり
それもオリジナルな作品だと思っていますから。


ほんとこんな手順で担当させていただいています。
どこかひとつ、楽しいかものポイントがあるように
勉強してゆきますので
今期もどうぞよろしくおねがいします。

きょうは、
ヒトリ反省会の様で長くってすみません。

at 09:16, sayo, works

comments(0), trackbacks(0)

コラボカレンダー


南町通りくろすろーどさんのお声がけで
イラストレーター6人のコラボカレンダーが完成しました。

震災で施設がながされてしまった
知的障害者授産施設「まどか荒浜」さんの再建のためと
現在の状況を知っていただくためのひとつだそうです。

被災前にまどか荒浜さんで作っていた「こうぞ」が
奇跡的に流されず
そのこうぞでつくった和紙で封筒をつくり
このカレンダーを入れての販売になるそうです。

収益から必要経費をひいての利益を寄付されるそうです。

くろすろーどさんでご縁もあり
以前から知っているみなさんといっしょに
協力できること
とても嬉しく思いつつ
私のイラスト、はて何にしよう・・・と
かわいい女子っぽい絵?
やさしいイラストを描かれるみなさんなので
う〜ん、う〜んと悩んでしまいました(笑)。

担当月が〈1-2月〉・・・
季節感?
何?
と、思いつつ
結局は年の初めだしシャンパンに。

各担当月の完成版を見ると
うっうく?と凹みつつ
くろすろーどオーナーさんから
毎年1月にお酒の企画展(だったような)があるから
オッケーよと慰めてもらいほっ(笑)。

それぞれのデザインは
デザイナーのヤマモトタイシさんが
イラストにあわせて
とってもおしゃれに仕上げてくれています!
ありがとうございます。

こちらは12/1から販売になるそうです。
和紙袋入り/1000円(150セット)
クリスタルパック入/900円(100セット)

どうぞ、ヨロシクお願いします!


たぶん、もう当たり前のようにすごせているけれど
きのうのニュースじゃあありませんが
まだまだ、まだまだ
ちょこっとずつでも出来ること
やっぱりずっと続けないといけないとあらためて。




at 08:50, sayo, works

comments(0), trackbacks(0)

「コワザを知りたい」時間とか


またまたほぼ1ヶ月ぶりの水彩の時間です。
忙しいところ、参加してくださるみなさま
ほんとうにありがとうございます。

今回の勝手にテーマ”みどりの風景”+”トマト”+α。

トマトは、先日お見舞い(というのか)に来てくれた叔母が
埼玉から持って来てくれた(農家直売らしい)
これがトマトです!的
見た目/形そして味も完璧な真っ赤な新鮮トマト!
へたまでクキッとカッコいいオブジェのようだったので
こちらも題材に・・・です。

2時間なので
20分くらいの実践、サンプル描きを見ていただいて
まあ、いつもの(申し訳ないくらい)アバウトな描き方ですが
楽しんでくださいね〜と開始。
ほんとうに一生懸命トライしてくださって嬉しいです。
といっても
キチンと水彩をというよりも
ちょっとラクチンに手を抜いて仕上げてみましょう!
なんて、ぽやぽやのほわほわな
具体的じゃあないですよね〜。

みなさんお持ちの絵の具もそれぞれ違うので
この色とこの色をたしてみて
これくらい薄くして一気に〜とかなんとか・・・。

一旦、描き始めると
どんどん筆を進めたくなって
止め時が見つからずに
失敗してしまいました〜とか
キタナイ色で〜とかは
全く無いと思って大丈夫!(ほんとですよ〜)
そのカバー方法とか
色、取っちゃいますか?とか
足しちゃいますか?とか
ちょっとかわった”コワザ”・・・と言われて気づく私・・・の
レクチャーをすると
みなさんに関心されてビックリ、ほんとに。

だから、コチラのトマト
光っている部分は洋紙の白を残し
ある程度の濃度で球のふっくらを出しつつ
へたも一気に描いちゃいましょう的
下書き無し(いつもそうです)で7割完成・・・まで見ていただき
昨晩、その乾いた絵に
ちょっとニュアンス足して完成!と。

一度、見ないことにして(笑)
時間を開けてから、もうひと手間かけましょうも
私の時間だと全然アリですから。



数日前の、あの錦町公園をさらっと。
風景をスケッチしないで一気に〜って
たいへんですが楽しいです!ともおっしゃってくださいました。
スケッチ嫌いな私のラクチン方法でもあります(笑)。
影の部分とか
仕上げ直前に細い筆で
気持ち葉の形の残り感じに濃い色を加えると
らしく見えますよ〜とかね。


見えるところ+描けるところ重視的
超オリジナル水彩ですが
面白いって言われると
かなり嬉しいという発見もありました。
みなさん、ありがとうございます!


最近、予習復習できずにいましたが
次回までにはトライしますので。

at 08:36, sayo, works

comments(0), trackbacks(0)